スワップ金利 って何??

ここでは、「スワップ金利 って何??」 に関する記事を紹介しています。
カスタム検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ金利

スワップ金利というのは分かりやすく言うと

金利のようなものです。

FXなどで 米ドル/日本円とか 豪ドル/円とかを

買うと貰えますが、逆に売りから入るとこちらが

支払わないといけません。

ですから、スワップ金利で儲けようとする人は

円をからめて買いで入ります。

また、スワップ金利というのは金利の差ですから、

金利の差が大きいほどスワップ金利も大きくなります。

つまり、Aと言う国が10%の金利だとします。

そしてBは9%だとすると、日本から見たら

どちらもとても高金利です。

しかし、金利差は1%しかありません。

この場合のスワップ金利は1%分と考えてください。

それにたいしてCと言う国が3%の金利だとしたときに

もう一つが日本のようにほとんど0%の金利だった場合

金利差は約3%となります。

その場合はスワップ金利は約3%です。

このように金利差があればあるほどスワップ金利派には

有利になります。

そのため、日本とどこかの通貨の買いのFXによって、

スワップ金利を得ようとするのです。

もちろん、売りで入った場合、金利差が大きいので

当然、支払うスワップ金利も大きくなり損をしますので

気をつけてください。

トレーダー松井宗則が投資情報を毎日発信!

詳細は今すぐ ココをクリック!


ドル円暴落を予想した!「買う技術 売る技術」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukarimakka1.blog62.fc2.com/tb.php/21-abbe2d3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。