三大成人病 がん、急性心筋梗塞、脳卒中

ここでは、「三大成人病 がん、急性心筋梗塞、脳卒中」 に関する記事を紹介しています。
カスタム検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三大成人病

そもそも三大成人病とは

がん、急性心筋梗塞、脳卒中のことです。

当然、日本での死亡率が非常に高い

病気な訳です。

三大成人病の中ではがんが一番、発症してから

死亡するまでの期間が長いと言えます。

そのため、三大成人病

の中ではがん保険の割合が大きいと言えます。

急性心筋梗塞、脳卒中はなってから、

死亡するまでの期間が短く、どちらかと言えば

リハビリが主と言えます。

今、一般的なのは特約として三大成人病を

保険に組み込み、保障を厚くするタイプでしょう。

また、三大疾病保険と言うのもあります。

三大疾病保険というは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の

三大成人病に対応する保険です。

保障金額を決めて契約して、がん、急性心筋梗塞、脳卒中と

診断された場合に約約した保険金がまとめて

支払われるというものです。

また、三大成人病以外の原因で死亡した場合にも、

契約した金額と同額の保険金が支払われます。

三大疾病保険は、このように医療保障と死亡保障を

兼ねた保険といえます。

ただし、一般的に言って、急性心筋梗塞と脳卒中に関して、

認定される条件が厳しいと言われています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://moukarimakka1.blog62.fc2.com/tb.php/6-690ec189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。